投稿日:2023年5月30日

要チェック!下地補修工事が必要な劣化症状とは?

こんにちは!
神奈川県横須賀市を中心に横浜市などの神奈川県内をはじめ関東一円で活動しております株式会社Sluiceです。
建物の規模を問わず、防水工事やシーリング工事、外壁下地調査・補修工事、足場工事などを承っております。
今回は、下地補修工事が必要な劣化症状についてご紹介いたします。

下地補修工事とは

外壁
下地補修工事とは、大規模修繕工事にあたり、外壁の塗装や防水施工をする前にコンクリートやモルタルなどの亀裂や傷、凹凸などがあれば補修する工事のことをいいます。
とても重要な工事で、下地補修工事をせずに外壁の塗装や防水施工をすると丁寧に塗装してもすぐ剥がれ、もう一度塗装をし直さなければいけなかったり、防水性が低下するなど仕上がりに大きく影響を及ぼします。
そのため、しっかり下地調査をし、下地補修工事をしなければいけないのです。

劣化症状

代表的な下地の劣化症状を4つご紹介いたします。
1つ目はひび割れです。
クラックとも呼ばれ、地震などの災害でできることもあれば、長年にわたり気温変化で膨張と収縮を繰り返した結果ひび割れになることもあります。
割れ目から雨水が入り込み建物内部にまでダメージを与えることもあるので、補修が必要です。
2つ目はモルタルの浮きです。
マンションの下地にモルタルを使用していることが多いですが、そのモルタルが浮いてくるとモルタルごと剥がれ落ちる可能性があります。
見た目ではわかりにくいのですが、テストハンマーなどで打音の違いを聞き分けて診断します。
3つ目は鉄筋の爆裂です。
クラックなどから雨水が入り込み、コンクリート内部の鉄筋にサビが発生することがあります。
サビにより、鉄筋がコンクリートから露出することもあります。
このまま放置しておくとコンクリートが剥がれ落ちたり、建物全体の強度が下がりますので補修工事が必要です。
最後にコンクリートの欠損です。
地震などで起こる場合やクラックや鉄筋の爆裂から起こる場合などさまざまですが、そのまま放置しておくと建物の強度が下がりますので、この場合も補修工事が必要となります。

Sluiceへご相談ください!

階段
神奈川県や東京、千葉県で防水工事やシーリング工事など補修工事でお困りでしたら株式会社Sluiceにお任せください。
数多くの現場で培った経験から確かな技術、知識を生かしお客様に満足いただける仕上がりを実現いたします。
ご相談、お見積もりはお気軽にご依頼ください。

【求人】Sluiceでは新規スタッフを募集中!

私たちと一緒に防水工事・シーリング工事などの現場で働いてくださる新規スタッフを求人募集しております。
応募に際し、年齢、経験は一切問いません。
初心者の方も丁寧に指導いたしますのでご安心ください。
横須賀市・横浜市など各地のみなさまより、ぜひ求人にご応募いただけますと幸いです。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

業務案内

神奈川県横須賀市・横浜市の防水工事は株式会社Sluice|求人
株式会社Sluice
〒238-0031
神奈川県横須賀市衣笠栄町2丁目45-1 サカエビル3F
TEL:046-876-9025
FAX:046-876-9024
※営業電話お断り


関連記事

『株式会社Sluice(スルース)』の求人の魅力3選をご紹介!

『株式会社Sluice(スルース)』の求…

秋も深まり、すっかり日足が短くなりましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。 今回は、この秋転職を …

武蔵新城 塩ビシート防水工事

武蔵新城 塩ビシート防水工事

武蔵新城にて塩ビシート防水工事が完了しました。 武蔵新城 塩ビシート防水工事 塩ビシート防水工事とは …

ウレタン防水密着工法を用いた階段全面防水

ウレタン防水密着工法を用いた階段全面防水

ご覧頂きまして、ありがとうございます。株式会社Sluiceです。 弊社は防水工事、シーリング工事や外 …

お問い合わせ  各種募集